台湾で飯てろ

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

AU オーストラリアで同棲しているカップルに起こりやすいトラブルとその原因

今回はオーストラリアで同棲しているカップルにありがちなトラブルとその原因を紹介します。

わたしは同居人と同棲を始めて早くも1年経とうとしています。その間多くの問題があり、事前にルールを決める話し合いをしておいたらそこまで喧嘩にならなかったのに…と、思うことがありました。

 

今回はわたしが同棲していて起こった問題と原因を紹介します。さらに、女子会の中で聞いた、友人カップルの話も参考にして紹介していきます。

 

それではさっそく('ω')☟☟

 

起こりやすいトラブルとその原因

f:id:sia_kawase:20170117220422p:plain

1.共同口座での買い物

オーストラリアで同棲を始めるカップルは共同口座を開設し、買い物はその口座のカードを使用して支払うパターンが多いと思います。しかし、その共同口座のお金を使って買い物をする際に起きやすいトラブルがあります。

 

それは、「共同口座のお金を使用して自分しか必要のないものを買う」です。特に「ジュース」や「お菓子類」が喧嘩の元になる場合があります。自分は食べないものを相手が毎回「共通のお金」で購入すると不満が溜まっていきます。それを相手に伝えると、「お前だって…」と、このように終わらない言い合いになってしまいます。

 

ジュースやお菓子、スキンケア商品、化粧品などの自分しか必要のないものは、自分の口座のお金で購入するとトラブルになりません。

 

2.生活費を出す割合

食費

同棲を始めた頃、何も考えず食費を「半分ずつ」と、決めてしまうと後々「不満」の要素となり、トラブルになります。まず話し合いをして、自分の方が食べる量が多い場合は多めに出す、相手の方が食べる量が多い場合は多めに出してもらう、そのほうがトラブルになりません。

 

車維持費

共同で車を購入した場合、その後の支払いについても考えなければいけません。購入費だけではなく、車の維持費にも、とてもお金がかかります。「ガソリン代」「保険料」「税金」「点検・修理代」どれも高いです。それを半分ずつ出し合うのか、どちらかが多く払うのか、車の使用頻度を考えて話し合う必要があります。

そして帰国の際車はどうするのか、しっかり事前に話し合っておいたほうが後々トラブルになりません。

 

3.家事の分担

オーストラリアで同棲中のカップルのほとんどは共働きだと思います。お互いに仕事があるため、それをしっかり考慮しなければなりません。どちらかに家事が偏り始めると喧嘩の素となります。

 

大切な事は、相手に任せきりにならない事、自分だけが頑張ろうとしない事です。

 

わたし達の場合、同居人は料理が嫌いなのでわたしが担当しています。それ以外の洗いもの、洗濯、掃除は同居人が率先してやってくれます。お互い何か家事をしている時は、必ず一度手伝いに行くのがルールです。座ってみているだけはしないルールを作りました。

 

家事の分担については、早めによく話し合うことをおススメします。

 

4.寝る時間の調節

オーストラリアで同棲をする場合、シェアハウスのカップルルームに住む場合が多いと思います。カップルルームのほとんどは、ダブルベッドが置いてあるだけの部屋です。広くない部屋で、ダブルベッドで寝ることになるので、相手の睡眠をいかに邪魔しないかが大切です。特に仕事が違う場合は、起きる時間も異なります。

相手に合わせて早く寝たり、相手が寝たい場合はリビングに行くなどの協力が必要です。毎回相手の睡眠を邪魔したり、相手に無理やり自分の寝る時間に合わさせていると、喧嘩や同棲解消の原因となります

 

5.衛生面でのルール

部屋ではスリッパに履き替える、シャワーを浴びてからしかベッドには乗らない…、人にはそれぞれ、衛生面で守ってほしいルールがあります。それを知らずに、相手の決まりごとを破ると喧嘩の原因となります。

 

特にベッドに乗っても良い、乗ってはいけないの基準がバラバラなカップルが多いです。汚れていなかったら乗っても良い、見た目は汚れていなくてもシャワーを浴びてからしかベッドに乗ってほしくない…基準は様々で喧嘩になりやすいです。

衛生面でのルールはよく2人で話し合って基準を決めた方が良いです。

 

友人カップルの場合、相方がとても厳しいらしく、ベッドにのる際はシャワーを浴びた後、寝る用の服に着替えてからしかベッドに乗ってはいけないそうです。寝る用の服は部屋着とは違うそうで…、本当にベッドの上でしか着ない服を用意する必要があるそうです。

 

わたし達の場合は、外に出た場合シャワーを浴びなければベッドに乗ってはいけないルールとなっています。

 

最後に

オーストラリアでの同棲は、たくさんの問題が出てきます。そのたびに話し合いや言い合いをして、段々とお互いの考え方を理解していきます。その時に「諦める」のではなく「全力で解決しようとする」ことが大切です。これから同棲する方の参考になれば幸いです。

 

それでは…

最後まで読んで下さってありがとうございました( ˘ω˘ )