台湾人とオーストラリア暮らし

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

オーストラリアワーキングホリデーに必要な費用を公開します。渡航~仕事が見つかるまで

こんにちは-(*'▽')

 

今回はオーストラリア準備編です。

オーストラリアワーキングホリデーへ行く前に準備した物、金額を紹介します。

 

今回はオーストラリアホリデーワーキングホリデーに行く前の準備金とオーストラリアに着いてから仕事が見つかるまでの1ヶ月の生活費を紹介します。

 

ワーホリに行くまでにいくらかかるの?

最低限必要な費用

ビザ申請料金

$440=37,400円

 

健康診断 + 交通費

健康診断はオーストラリア政府指定の病院でなければ認められません。わたしは中部地区に住んでいるため、大阪か東京まで行く必要がありました。

25,000円 + 1万円

 

航空券片道

関西国際空港Perth

Scoot利用

(預入に持つ料 + 25㎏までに変更)

50,000円

 

合計

122.400円

 

ここまでが渡航までに最低限必要となる費用です。健康診断は必要な人と、そうでない人が居ます。わたしは渡航の8ヶ月前に「フィリピン」に2ヶ月滞在したため、健康診断が必要になりました。フィリピン留学+ワーキングホリデーを考えている方はフィリピンへ渡航前にオーストラリアワーキングホリデービザを申請した方が良いです。

 

持ち物にかかった出費

服・鞄・靴

50,000円

 

SIMフリースマホ

40,000円

 

洗面用品・化粧品

10,000円

 

合計

100,000円

 

オーストラリアに1年以上滞在するよていだったので、夏服、冬服を買いました。SIMフリースマホもオーストラリアでも購入できますが、日本で購入してから行くと、空港でSIMカードを購入してすぐに使うことが出来ます。

女性の方なら1ヶ月分の化粧品・スキンケア品を準備していくと良いです。特にオーストラリアにはクレンジングオイル・クリームを探すのが困難です。日本から多めに持って行きましょう。

 

オーストラリアに着いてから仕事が見つかるまでの費用

空港からバックパッカーまでの交通費

$25=2,125円

 

バックパッカー宿泊代

2日分

$40=3,400円

 

シェアハウス宿泊代

2週間

$280 = 23,800円

 

2週間

$260=22,100円

 

食費

$80=6,800円

 

旅行費

$50=4,250円

 

携帯代

$30=2,550円

 

合計65,025円

 

わたしはオーストラリア到着後、2日間パース市内のバックパッカーで過ごしました。その後2週間友人が紹介してくれたシェアハウスに住み、その後友人のシェアハウスに移りました。

語学学校には行かず、到着して1週間後に仕事を探し始め、仕事を探すまでに1ヶ月かかりました。車が無かったため、時間がかかりました。

 

$1=85円

 

結果

287,425円

 

渡航前から渡航後仕事を探すまでに必要だった費用は約30万円です。わたしは語学学校に行かずに直接仕事を探し始めた事と、同居人が先にオーストラリアでワーホリを始めていたため、シェアハウス探しや、仕事探しの手間が省け、かなりの節約になりました。さらに、車を購入していないのでその分費用はかかっていません。

 

留学エージェントではオーストラリアワーキングホリデーの準備金は100万円と言っていますが、語学学校へ行った場合それぐらいの費用になります。直接仕事を探す方は、渡航前、渡航後合わせて40万円準備すれば余裕が有ります。車を購入予定の方は、60万円用意しましょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 ワーホリ+留学におススメ楽天カード