台湾で飯てろ

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

明日から「中原大学」に通います!

こんちゃっす☆

 

10代の頃に戻ったかのように挨拶で弾けてみました。

 

明日…というよりは今日8月30日から中原大学・語学学校「秋コース」が始まります。それに伴ってひかちゅーは、長いニート生活が終了し、学生となるようです。学生に戻るのは、恐らく2年ぶりです。

 

といっても学生ビザでは無いので毎日2時間の授業を受けて帰ります。

 

変わらずのヒマ人クズっぷり。

 

せっかく学校に通う事になったので中原大学の学費やビザを紹介します。ちなみに、わたしは台湾ワーキングホリデー時代に中原大学に通っていました。そのため環境や授業形態はある程度把握しています。

 

中原大学・語学学校料金

f:id:sia_kawase:20170830014835p:plain

秋コース2017年度

8月30日~11月17日

 

授業時間

週5日/2時間コース

 

授業料

18200元(65500円)

 

ビザ

観光ビザ(3ヶ月滞在可能)

 

※学生ビザを取得する方は、1日最低3時間の授業を受ける必要があります。わたしは観光ビザのため2時間コースと3時間コースで選択可能。3時間コースの場合は、1時間は文化の授業となります。

 

申し込み方法

中原大学・華語組サイト

推廣華語組

 

サイトに書いてあるメールに連絡を入れれば大丈夫だと思います。日本語が通じるのかは不明。わたしはワーホリ時に直接事務所に行きました。事務所までは色々な人に教えてもらいながら辿り着きました。

 

若かったので特に調べもせず乗り込みました。本当にただのキチガイ(笑)

 

今回は先生のLINEを知っていたので連絡をしてから入学手続きを行いました。学生ビザを取得してから入学しない場合は、基本的に申請期限等は有りません。

 

コスパを考えると中国留学が圧勝

わたしは大学時代に中国留学を経験しました。中国留学は台湾留学費用の半額ほどでより専門的な中国語の授業を受けることが出来ます。

 

中原大学では科目は「総合」しかありませんが、中国留学の場合「総合」・「会話」・「リスニング」に別れています。というのも授業を受ける時間が毎日5時間と長いため、科目が多くなります。

 

そして受けたい人様に補修でHSKの授業を受けることが出来ました。ありがたい事にその授業を受けたい生徒がわたし1人しかおらず、先生とマンツーマンレッスン状態でした。本当は受けていた生徒が5人いましたが、1週間ほどで来たり来なかったりし始め、最終的に来なくなりました。

 

サボってくれて、ありがとう。

 

留学生用のイベントも多数あり、更に中国語教師を目指している学生を紹介してくれる制度があったため、中国語を勉強するにはとても良い環境でした。

 

更にさらに、中国の学生に混ざって英語学科の授業を受けても良いよと言われ立候補すれば英語の授業を受けることが出来ました。

 

台湾留学は自由な時間が多い分自主性が大切なように思います。

 

では、今日から気ままな学生LIFEを楽しみます。

 

【おススメ】

台湾のおかずのお供と言えば 「辣椒大王」!唐辛子の宝石箱や

台湾で家電や生活雑貨を購入!台湾の物価は侮れない