台湾で飯てろ

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

台湾人男性の「熱心」はストーカーに発展しやすい…

こんにちは~

 

今日は、わたしの最近の悩み&怒りについて話したいと思います。その内容とは、台湾人男性のストーカー問題です。

 

台湾人はよく「熱心」とか「温かい」と言いますよね。

 

しかし、それが裏目に出てしまう場合が有ります。

 

ウザすぎる台湾人男性と知り合った話

f:id:sia_kawase:20170927224623p:plain

 

わたしは、2年前台湾に滞在していた時にラーメン店でアルバイトをしていました。その時にお店に通ってくれていた、日本語を勉強していた30代の台湾人男性と知り合いました。

 

その人は、台湾進出している日本企業の会社に勤めていて、本当に日本語を勉強したいという熱意があるように見え、更に真面目で人柄が良さそうだったため、連絡先を交換して日本語と中国語を教え合うようになりました。

 

が、しかし

 

その人とわたしは、どことなく気が合いませんでした。

 

わたしが一方的に「なんだかこの人苦手」「一緒にいるのが苦痛」だと感じるようになりました。

 

その理由の一つに、その人が日本人の性格が嫌いだという話を何度もして来たからです。

 

最初は、日本人にもそのような一面があると納得しながら受け入れていたのですが、何度も何度も聞くうちに…「何コイツ」「ウザすぎw」と思うようになりました。

 

ええ、包み隠さずわたしの心理をストレートに表現しました。

 

更に日本は面白くない、韓国は面白くない、自分は沢山の国に旅行した事があるが結局どこの国も大差無いなど、ネガティブで同じような話ばかりをされました。

 

それからわたしは、徐々に距離を置くように連絡を途絶えさせて行きたかったのですが…。

 

スポンサーリンク

 

凄まじいLINEと店に押し掛けられる日々

その男性は、かなりしつこくて空気が読めないタイプだったようで、「忙しい」と告げて連絡を減らすと店に来るようになりました。

 

本気の本気で迷惑でした。

 

ラーメン店だったのですが、何を注文する訳でもなく店に来るのです。

 

お客さんからも店員からも注目されて、とても恥ずかしい思いをしました。

 

更に連日、数十分・数時間ごとにLINEが来て、ストレスで爆発仕掛けました。

 

奴が再び現れる

そして2年ぶりに台湾に滞在中の現在、再び奴が現れました。

 

この2年間の間にも、日本にいきなり来られたり、オーストラリアにまで来ようとしました。

 

LINEの一言機能に現在地をポロりと書いてしまい、居場所がバレた事が原因です。いちいち奴の事は覚えていなかったので気にも留めていませんでしたが、本当にヤバい。

 

そして現在台湾に滞在中である事がバレてしまい、連日LINEの嵐です。その人には、2年前多少お世話になった事がある(日本人の友人が怪我をした時に通訳として助けてもらった恩など色々)ので、ブロックするのも迷います。

 

「台湾に居るの?どこ?」と聞かれ、「桃園です」と答えてしまった私が間違っていた。

 

それから直ぐに「学校と仕事があるのでごめんなさい」「スマホを見たくありません」と言って連絡を一切返していないのですが、溜まっているLINEは10件を超えました。

 

そして教えていないフェイスブックの友達申請が来ました。

 

ちなみに、昨日と今日の話です。

 

熱心の反対語は…ストーカー。

台湾人男性は普段から女性に尽くしたり、連絡がマメなのでわたしのようなケースに陥りやすいように感じます。

 

皆さんも台湾人男性には十分にお気を付けください。

 

ちなみに、全てを詳しく書くのは 面倒 大変なので、簡潔に書いています。その他諸々の背景や事情があるので、全てではありません。

 

世の男性の皆様、女性が連絡を返さないのは…「あなたに興味が無い証拠」です。素直に諦めましょう。執拗に追い回すのは逆効果です。

 

おススメ

台湾式焼き餃子「鍋貼」はビールとラーメンの親友です

国際恋愛 台湾人彼氏と日本人彼氏の違い