台湾で飯てろ

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

国際恋愛 台湾人彼氏の「イメージ」と「現実」

今回は、台湾人彼氏の「イメージ」と「現実」を紹介します。

 

それではさっそく('ω')☟☟

 

はじめに

わたしの彼氏が「台湾人」と日本人の友人に言った時、台湾人彼氏って…

 

「本当に鞄を持ってくれるの?」

「デート代は払ってくれるんだよね?」

「送り迎えをしてくれるの?」

 

このような「台湾人彼氏って○○なの?」っという質問をされます。中でも上記で紹介したような「台湾人彼氏=紳士説」についての質問が圧倒的に多いです。わたしも実際に、テレビやインターネットで台湾人彼氏は「とても優しい」、「紳士的」、「レディーファースト」である、という内容の話を目にしました。その影響からか、日本人女性の中で台湾人彼氏は 「優しい」、「紳士的」 というイメージが強いように思います。

 

では実際はどうなのでしょうか?

今回は…

わたしの台湾人彼氏の場合を紹介します。

 

イメージと現実

f:id:sia_kawase:20170108215007j:plain

 

イメージ① デートの時に女性の鞄を持ってくれる?

わたし達の場合、台湾人彼氏から鞄を持ってくれたことは、1度もありません。わたしはいつも、自分の鞄は自分で持っています。わたし自身、鞄を持って貰いたいとは思っていませんが、「鞄持つよ?」と優しく声をかけられたら嬉しい気もします。

 

現実☞「無い」

 

イメージ②デート代は男性の奢り?

わたし達の場合、付き合って間もない頃は、台湾人彼氏が食事代や交通費を出してくれていましたが、現在は完全な割り勘です。

わたし達は、付き合い始めてから半年間を台湾で過ごしました。その頃は同棲をしていなかったので、週3回ほど外で一緒にご飯を食べていました。その内大体、週2回ほど台湾人彼氏がデート代を出してくれて、週1回ほどわたしがデート代を出していました。

そしてオーストラリアに来てからは同棲を始め、生活費はすべて割り勘です。外食へ行った場合も、自分の分は自分で出しています。

 

現実☞「付き合い始めのみ」

 

イメージ③送り迎えをしてくれる

わたし達の場合、台湾で生活をしていた頃は少し離れた場所に住んでいたのでありませんでした。同棲をするようになってから、わたしが個人で出かける場合、送り迎えをしてくれます。例えば、わたしが出勤で、台湾人彼氏が仕事を休みの場合、朝7時に会社まで車で送ってくれて、17時に迎えにきてくれます。

 

現実☞「住んでいる距離による」

 

イメージ④お風呂上りに髪の毛を乾かしてくれる

わたし達の場合、これはまったくありません。1年間同棲していますが、1度も「無」です。「乾かそうか?」と優しく声をかけてくれるどころか、「ドライヤーの音って、うるさいよね」と冷たい目で見られています。

 

現実☞「無い」

 

イメージ⑤親にすぐ紹介してくれる

わたし達の場合、まだ有りません。これは彼の親に問題があり、2人で話し合って、当分の間は秘密にしようと決めました。しかし、わたしが台湾に住んでいる時、友人として彼の実家に1週間ほど滞在していたり、日本へ帰国する前日に泊まりに行ったりしていたので、彼の家族とは知り合いです。

 

現実☞「親による」

 

最後に

わたしの台湾人彼氏は、イメージの台湾人彼氏とはまったく違います。わたし自身、恐らく他の台湾人彼氏はもっと「優しく」、「紳士的」なのだと思っています('ω')…。台湾人彼氏のすべてがイメージ通りだという事は有りません。やはり「優しい」、「紳士的」な人もいますが、そうで無い人も多くいます。実際に多くの台湾人と関わってみると驚きや、発見がたくさんあるとます。

 

それでは…

最後まで読んで下さってありがとうございます( ˘ω˘ )♡